化粧品・コスメのディスプレイ・什器制作のディスプレイファクトリー

【化粧品・コスメ専門】化粧品・コスメ什器制作のディスプレイファクトリー

化粧品・コスメのフロアディスプレイ・カウンターディスプレイ・
ハンガーディスプレイのデザイン・設計・制作なら、
化粧品・コスメ什器制作専門のディスプレイファクトリー。

化粧品・コスメのディスプレイなら、お任せください!

設計

ハンガーディスプレイとは

フロアディスプレイ、カウンターディスプレイのスペースを確保できない場合に、様々な売場に省スペースで設置することが可能な、神出鬼没のディスプレイ。  売場の隙間に設置することが目的であるため、よりコンパクトであることが求められる。ただし、あまりコンパクトにし過ぎると競合商品に埋もれてしまうた め、訴求スペースの確保と什器のコンパクト化のバランスが重要となる。フロアディスプレイ、カウンターディスプレイよりもサイズにバリエーションがあり、 規定サイズはないが、販売店に採用されやすいサイズとして、W200×H400×D100mm程度が無難。ただし、高さが700mm以上あるものや、奥行 きが200mm以上あるものも時おり見かけるので、一概には言い切れない。
img006


お気軽に お問い合わせ/ご質問ください。
TEL:03-3814-6800 メールでのお問い合わせは
こちら

留意点

ハンガーディスプレイの最大の注意点は、「床がない」ということである。宙吊りになるので、商品の重力に耐えられる強度が必要となり、強度の検証はディスプレイの中で一番入念に行う必要がある。
 エンド什器のサイドネットに設置されることが多いツールであり、奥行きを 広く取ってしまうと生活者の動線を遮ってしまうため、奥行きを抑えてその分高さを確保できるよう設計されることが多い。
img007


お気軽に お問い合わせ/ご質問ください。
TEL:03-3814-6800 メールでのお問い合わせは
こちら

カウンターディスプレイとは

エンド展開、定番展開において、最も多く用いられるディスプレイ(什器)。展開販路、小売りチェーンによって規定サイズは異なるが、一般的にはW300×D250×H380mm程度 が標準となっている。化粧品の場合はテスター設置が前提となるので、テスタースペースを確保した上で入り数を満たせる構造にする必要がある。奥行きが限られるため、手前にはこぼれ止めを避けるように訴求トレイが設けられる構造が一般的。

img003新商品の導入什器として使用されることが多く、商品をセットした状態で導入梱として小売店に配送する場合もある。
その場合、商品や什器が傷つかない様に梱包には注意が必要である。







お気軽に お問い合わせ/ご質問ください。
TEL:03-3814-6800 メールでのお問い合わせは
こちら

留意点

 棚の最上段より下の二段目以下にディスプレイが陳列される際、バックボードを取り外し可能な着脱式にしておかない と、上段の棚にボードがぶつかり、設置できなくなってしまう。二段目以下の棚の間隔は、一般的には200~250mm 程度が多いので、ボードを外せるようにした上で、ディスプレイの高さを250mm 程度に設計しておかないと、せっかく配荷されてもディスプレイが設置できずに、商品が裸で陳列されてしまう。  また、訴求スペースをより多く確保するために、レールパーツが採用されることが多いが、こぼれ止めを乗り越えられるようにしておかないと棚の奥に什器が 押し込まれてしまい、商品が奥まってしまうことがある。こぼれ止め避けとしてH40mm 以上を確保することが重要となる。
 化粧品を陳列する場合、最前列にテスターを配置することが多く、什器サイズはテ スターお見積り・お問い合せは込みで商品レイアウトを行う必要がある。
img004


お気軽に お問い合わせ/ご質問ください。
TEL:03-3814-6800 メールでのお問い合わせは
こちら

フロアディスプレイとは

 紙製ディスプレイの王様的存在。紙製のディスプレイとしては最大級の大きさになるため、形状、陳列ともにダイナミックな展開が可能。展開販路、小売り チェーンによって規定サイズは異なるが、一般的にはW450×D450×H1500mm 程度の寸法が標準となっている。形状のタイプとして、・タワータイプ ・ボードタイプの2 種類が一般的
だが、フルサイズでの展開が難しい売り場もあるため、多くの場合半分にセパレートできる構造が採用される。
img000



お気軽に お問い合わせ/ご質問ください。
TEL:03-3814-6800 メールでのお問い合わせは
こちら
運営会社