化粧品・コスメのディスプレイ・什器制作のディスプレイファクトリー

【化粧品・コスメ専門】化粧品・コスメ什器制作のディスプレイファクトリー

化粧品・コスメのフロアディスプレイ・カウンターディスプレイ・
ハンガーディスプレイのデザイン・設計・制作なら、
化粧品・コスメ什器制作専門のディスプレイファクトリー。

化粧品・コスメのディスプレイなら、お任せください!

専門

製作費について(ソフト費):制作コラム

「んで、結局いくらなの?」
よくお客様から言われるフレーズです。紙製ディスプレイ什器は、他の印刷物よりも工程が多く、金額構成がとても複雑です。なるべく早く、正確な金額をお伝えしたいのですが、形が決まらなかったり、納品方法が決まらなかったりするとなかなか決め打ちできません。
では、具体的にどんな項目があるのか。今回は、意外と軽視されがちな「ソフト費」についてご説明します。

■デザイン費
まずはデザインにかかる費用です。ディスプレイのデザインは、ポスターのように平面だけではなく、形状も含めて立体的に考えなければならないため、高度なデザインスキルが必要です。二次元ではなく三次元でデザインをとらえ、どこから見ても成立するデザイン力が求められますので、どちらかというとプロダクトデザインに近いと思います。しかし、マス広告のデザイン費と比べるとかなり割安な金額設定がなされているのが実情です。一般的には、10万円〜50万円程度が相場のようです。

■設計費
 化粧品ディスプレイを制作する際、意外と知られていませんが、最も重要と言っても過言ではないのがこの設計です。まず、私が知る限り、化粧品ディスプレイのデザインと設計を、完全にひとりでこなせるスキルのある方はいません。弊社のように構造に詳しいデザイナーもいますが、フィニッシュの図面作成まではデザイナーひとりではできません。ですから、デザイナーのイメージをいかに具現化させるか、というところが設計の最初のポイントですが、デザインのイメージをそのまま立体にできる設計士は、意外と多くいない。「デザインそのままの形になってる」というだけで、当たり前のようですが、実はすごいことなのです。
また、量産する際、印刷の機械を何台使用するかでコストが大きく変わりますが、印刷台数を決定するのは、すべて設計次第です。同じ形のディスプレイを設計しても、図面は10人10色です。印刷台数の効率化を考慮しながら設計できるスキルも、非常に重要です。
最後に、「組立」です。ディスプレイの多くは組立てて納品するタイプですので、組立の工程は欠かせません。組立てるのは人です。機械ではありません。組立が難しければ難しいほど、人員と時間が必要になり、組立代が膨大な金額になってしまうことが少なくありません。
「途中で構造が変わり、納期の問題もあり最後の最後で組立代が跳ね上がって予算を超えてしまった!」よくあるトラブルです。この組立の難易度を決めるのも、設計です。前述の通り、設計士によって難易度が左右されます。「組立てやすさ」まで考えて図面を起こせるのが、本当に良い設計です。ただし、あまり簡易にしすぎると、「商品を乗せたら壊れた」などという大事故につながってしまうため、簡易性と強度をバランスよく考慮する必要があります。
このように、設計とひとくちに言っても、「デザイン再現度」「印刷台数」「組立てやすさ」「強度」の4要素を満たさなければならず、非常に高度なスキルが求められます。個人的にはデザインと同じか、ものによってはそれ以上の報酬が必要だと思います。
しかし、「設計費」という項目がまだまだ認知されておらず、対価をそのまま請求できないため、印刷費の中に含めてしまうことを余儀なくされているのが、現状でもあります。
ディスプレイ業界において、デザイナー、設計の認知度、フィーの向上は大きな課題です。

設計の重要性:制作コラム

ディスプレイ什器を制作する際、気をつけなければならないこと平もののSPツールと異なり、山ほどあります。今回は、意外と表には見えにくいが、実は相当重要な「設計」についてお話しします。
 デザイン、形状が決まれば後は作るだけ、と思っている方は多いと思いますが、強度や組立てやすさ、量産しやすさを考慮しながらデザイン通りの設計を行うことは、実は至難の業です。
 強度を重視すればパーツ、加工が増えてコストが上がってしまい、デザインを重視しても組立が複雑になってしまいます。かといってコスト、組立を重視するとデザイン通りの形にならず、ただの「箱」になってしまう。
 また、SPツールの中でかなり大きな印刷を扱うため、「どういった展開図にするか」は印刷コストに直結します。意外と知られてませんが、什器で使用する一般的な紙の大きさは最大で1100mm×800mm(L全判)であり、それ以上の大きさは一度に印刷できません。そのため、多くのフロア什器は、上下2パーツに分かれます。
また、コピー機の要領で、「印刷は1枚いくら」と思っている方が多いですが、オフセット印刷はまず印刷機を1台動かすのに数十万円の固定費がかかります。極端な話ですが、1枚刷るのも、500枚刷るのも、固定費はほとんど変わらないため、枚数が少ないほど単価が高くなります。 
回りくどくなりましたが、大きな什器を印刷する際には、「1100×800mmの最大サイズの中にどれだけうまく詰め込めるか」で大幅にコストが変わります。
 例えば、設計がなんとかうまくまとまり、L全にすべてのパーツが入った場合と、どうしても少しだけはみ出してしまい、1100×1000mmになってしまった場合では、最大で2倍近くのコストの差が生じます。「たかが20cm」でも、1100×800mmを少しでもはみ出すと、印刷が二回に分かれるため、固定費はリセットされて2回分必要になるからです。

 このように、コストダウンにとても重要な展開サイズを決定するのは、すべて設計次第です。しかし、デザインと同じく、設計に正解などありません。同じデザインを設計するとしても、設計者が10人いれば展開図面は10通りできます。誰が設計しても同じ図面になることは、ほぼ皆無に等しい。
図面を簡易化すること、展開図を小さくすることはコスト決定の重要な事柄ですが、とは言えそればかりに注視してしまうと、デザインとイメージが違ったり、強度が足りなくなったりしてしまいます。

 重要なのは、「デザイナーは図面、組立を考慮し、設計はクリエイティブを考慮する」ということです。少し考えれば当たり前のことなのですが、意外とこれが分かっている制作会社は少ないです。しかし、お互いに自分の役割のみを考え、歩み寄らなければ本当にいいものはできません。ディスプレイファクトリーのスタッフは、お互いの役割を考慮した上で、最適な制作を行えるよう配慮しています。
エンド・定番棚 エンド・定番什器 失敗
運営会社