化粧品・コスメのディスプレイ・什器制作のディスプレイファクトリー

【化粧品・コスメ専門】化粧品・コスメ什器制作のディスプレイファクトリー

化粧品・コスメのフロアディスプレイ・カウンターディスプレイ・
ハンガーディスプレイのデザイン・設計・制作なら、
化粧品・コスメ什器制作専門のディスプレイファクトリー。

化粧品・コスメのディスプレイなら、お任せください!

印刷

留意点:上下切り離しの必要性

img001ドラッグストアやバラエティショップにおいて、自立スペースを確保していない店舗も多く、「上下切り離し可能な形状」が必須条件となる。その場合、1500mm の高さを半分に分 ける必要が生じる。上下それぞれ750mm にする場合と、上700mm、下800mm にする場合があり、販路によって求められるサイズが異なるため、フレキシブルに対応できる構造であることがポイントとなる。

お気軽に お問い合わせ/ご質問ください。
TEL:03-3814-6800 メールでのお問い合わせは
こちら

留意点:梱包・組立て

梱包は小さければ小さいほど良いように思えるが、注意が必要である。というのも、梱包を小さくしようとすると、結果的に店舗での組み立てオペレーションが増えることとなるため。組立が少しでも生じる場合、組立説明書を同梱することが必須だ が、悲しいことに取説を見ながら組立が行われるケースは実際にはほとんどない。その背景を考慮し、取説を見なくても感覚的に組立てられる構造にすることが ポイント。女性アルバイターが一人で何も見ずに組立てられることを想定した構造が理想的。  
img002サイズが大きいため、設計段階から梱包サイズを考慮しておかないと、段ボール代、配送費に跳ね返ってしまう。また、自立で使用する場合は特に、強度の検証を念入りに行うことが必要。



お気軽に お問い合わせ/ご質問ください。
TEL:03-3814-6800 メールでのお問い合わせは
こちら

製作費について(ハード費その2・印刷代):制作コラム

 ディスプレイの印刷代についての話です。化粧品什器製作の際には、平もののチラシやパンフレット、ポスターに比べて、印刷サイズがかなり大きいです。ハンガーやカウンター什器は組立ててしまうとコンパクトになりますが、印刷は組立てる前に行うものです。折り鶴をほどいて行くと一枚の正方形の紙になるように、ディスプレイも平たく大きな紙を折り曲げて、接着してできています。
 この際、気をつけなければならないのは「紙の大きさ」と「印刷機の大きさ」です。化粧品什器制作では強度が必要なため、「板紙」という種類の厚紙が使用されます。多くの板紙は、下記の2種類の用紙サイズが用意されています。
1)K全判:940mm×640mm
2)L全判:1100mm×800mm
紙の種類によっては、菊全(939mm×636mm)もしくは四六全(1091mm×788mm)しかない場合もありますのでご注意ください。
印刷機も紙の大きさで用意されており、K全よりもL全の方が印刷代が高くなります。余談ですが、L全判機は通常のSPツールでは使用しないため、機械を持っていない印刷会社も多くあります。その場合は印刷会社自体も外部発注を行いますので、直接頼むより高くなります。L全のサイズを印刷する場合は、「そちらで機械をお持ちですか?」と確認した方がいいかもしれません。

 印刷代=枚数と認識している方が多くいらっしゃいますが、化粧品什器制作は通常の印刷に比べて極端に印刷数が少ないのがほとんどです。チラシやパンフレットなどは数万、数十万が当たり前ですが、化粧品什器は少ないと100以下、多くても5,000台を超えることは稀です。

 この場合、金額に多く関わってくるのは「使用する機械の台数」です。
極端な話ですが、100枚印刷するのと500枚印刷するのでは、最低ロット過ぎて総額はほとんど変わりません。しかし、K全1台で1,000枚印刷するのと、L全2台で100枚ずつ印刷するのでは、後者の方が倍以上の印刷代となります。
枚数が少なすぎて「枚数でのカウント」よりも、「機械占有の固定費」がほとんどになってしまうからです。

 とにかくコストを抑えたいときには、印刷サイズをなるべく小さくすることです。しかし、このことを知っている(当然印刷会社は知ってますが)デザイナー、広告営業は意外と少ないです。デザインを面付けしてみると、どうしても後少しでK全に入らない。POPパーツがはみ出してしまう。
 そんなとき、「このPOPパーツは別パーツではなく、カットアウトでいいか」とデザイナーに聞くと「どちらでもいい」と言われることが多くあります。彼らにとってはどうでも良い、小さいことかもしれませんが、それだけで数十万円のコストダウンにつながることも少なくありません。
多少ネタバレになってしまいますが、「デザインを少し変更してでも、サイズを小さくする」ことが、大幅なコストダウンにつながることもあるということ、覚えておいて損はないです。
 そして当たり前ですが、印刷会社からはその提案はほとんどありません。自ら売上を下げてしまいますから。
もし取引のある印刷会社の営業マンからその提案があったなら、顧客志向が非常に強い営業マンと言えます。

私ですか?私はそんなことをクライアントには聞きませんよ。

製作費について(ハード費その1・校正):制作コラム

前回に引き続き、ディスプレイの製作費についてお話しします。今回は「ハード費用」について。一度にまとめると長くなるため、段階ごとに区切っていきます。

■校正代
化粧品ディスプレイの制作において、必ず必要なのが「校正」です。文字の確認もさることながら、「タレント・モデルの顔色」「商品の色」「色玉の色」「モデル使用色の色」の調整が、非常にシビアだからです。プリントアウトやPDFの確認で終わらせてしまい、本番の印刷が仕上がってみたら全く色が違ったなんてことは少なくありません。特に化粧品は、販促物の色次第で店消が左右される事もありますので、重大です。
スケジュールが逼迫していない限り、校正は「本紙(本番と同じ紙質・厚さ)」「本加工(ニス・PP・プレスコートなどの表面加工)」の条件で、なおかつ2回は出力する事を勧めています。化粧品関連で、1度で色がバッチリ来る事はほとんどないからです。 できる限り本番に近い状態で確認しないと意味がありませんから、紙質・表面加工は必ず本番と同じ条件で行うことが必須です。紙の種類によってそもそも「白さ」に差があり(白自体が青っぽかったり、気味を帯びていたり)、加工のありなしでも相当色味が変わります。一般的には、PPをかけると5%ほど赤みが濃くなると言われています。
しかし、私たちも常にいろいろな紙を常備している訳ではありませんので、紙の手配、加工の手配に多少時間がかかります。「今日入稿したら明日出ますよね?」と言われる事が多くありますが、それはコート紙などの洋紙でチラシ印刷などの場合です。板紙の場合、工程が多く、紙も大きいので層簡単には行きません。
ディスプレイ用の板紙の場合、まず紙の手配に1日、校正刷りに1日、表面加工に1日見ていただけると助かります。。。。

 また、前述の通り、化粧品において一発OKはほとんどないので、色味の修正が必要になります。データそのままでNGということなので、元のデータの色味を加工しなければならず、実はこの技術も非常に重要なのです。印刷の出力機の性能というより、「データの加工技術」が化粧品ディスプレイの仕上がりを支えています。なかなか注目されませんが、データの加工技術が低い製版所に任せてしまうと、何回出しても色味が直りません。化粧品に慣れている製版所の選別が、隠れた必須条件でもあります。

最後に。
「なんで校正と同じ色が本番で出ないの?何のための校正?」
というご指摘を受ける事があります。おっしゃることは非常によくわかりますが、データは同じでも使用しているインク、出力機、印刷方法が平台校正機とオフセット印刷機では異なるため、どうしても少しのずれは生じてしまいます。この差を埋めるためには、「本機校正」というものも存在します。校正機ではなく、本番と同じ印刷機で数枚刷ってみるという手法です。しかし、印刷機を本番と同じ条件で稼働させますので、時間・コストにおいて校正機を遥かに上回ってしまうため、現実的ではありません。事実、私も選択肢としてはありますが、実際に本機校正が必要に迫られた事は一度もありません。
ですから、校正機出力でOKをいただいたものに極力近づけるため、弊社では担当営業による印刷立ち会いを基本条件にしております。校正出力と、本機印刷の差を少しでも縮めるため、営業が立ち会って最後の印刷調整をシビアに行っています。
極力ご要望の色味に近づける努力は絶えず行っておりますので、仕上がりの色味に関しては、少し温かい目でご判断いただけると大変光栄でございます...

設計の重要性:制作コラム

ディスプレイ什器を制作する際、気をつけなければならないこと平もののSPツールと異なり、山ほどあります。今回は、意外と表には見えにくいが、実は相当重要な「設計」についてお話しします。
 デザイン、形状が決まれば後は作るだけ、と思っている方は多いと思いますが、強度や組立てやすさ、量産しやすさを考慮しながらデザイン通りの設計を行うことは、実は至難の業です。
 強度を重視すればパーツ、加工が増えてコストが上がってしまい、デザインを重視しても組立が複雑になってしまいます。かといってコスト、組立を重視するとデザイン通りの形にならず、ただの「箱」になってしまう。
 また、SPツールの中でかなり大きな印刷を扱うため、「どういった展開図にするか」は印刷コストに直結します。意外と知られてませんが、什器で使用する一般的な紙の大きさは最大で1100mm×800mm(L全判)であり、それ以上の大きさは一度に印刷できません。そのため、多くのフロア什器は、上下2パーツに分かれます。
また、コピー機の要領で、「印刷は1枚いくら」と思っている方が多いですが、オフセット印刷はまず印刷機を1台動かすのに数十万円の固定費がかかります。極端な話ですが、1枚刷るのも、500枚刷るのも、固定費はほとんど変わらないため、枚数が少ないほど単価が高くなります。 
回りくどくなりましたが、大きな什器を印刷する際には、「1100×800mmの最大サイズの中にどれだけうまく詰め込めるか」で大幅にコストが変わります。
 例えば、設計がなんとかうまくまとまり、L全にすべてのパーツが入った場合と、どうしても少しだけはみ出してしまい、1100×1000mmになってしまった場合では、最大で2倍近くのコストの差が生じます。「たかが20cm」でも、1100×800mmを少しでもはみ出すと、印刷が二回に分かれるため、固定費はリセットされて2回分必要になるからです。

 このように、コストダウンにとても重要な展開サイズを決定するのは、すべて設計次第です。しかし、デザインと同じく、設計に正解などありません。同じデザインを設計するとしても、設計者が10人いれば展開図面は10通りできます。誰が設計しても同じ図面になることは、ほぼ皆無に等しい。
図面を簡易化すること、展開図を小さくすることはコスト決定の重要な事柄ですが、とは言えそればかりに注視してしまうと、デザインとイメージが違ったり、強度が足りなくなったりしてしまいます。

 重要なのは、「デザイナーは図面、組立を考慮し、設計はクリエイティブを考慮する」ということです。少し考えれば当たり前のことなのですが、意外とこれが分かっている制作会社は少ないです。しかし、お互いに自分の役割のみを考え、歩み寄らなければ本当にいいものはできません。ディスプレイファクトリーのスタッフは、お互いの役割を考慮した上で、最適な制作を行えるよう配慮しています。
エンド・定番棚 エンド・定番什器 失敗
運営会社