化粧品・コスメのディスプレイ・什器制作のディスプレイファクトリー

【化粧品・コスメ専門】化粧品・コスメ什器制作のディスプレイファクトリー

化粧品・コスメのフロアディスプレイ・カウンターディスプレイ・
ハンガーディスプレイのデザイン・設計・制作なら、
化粧品・コスメ什器制作専門のディスプレイファクトリー。

化粧品・コスメのディスプレイなら、お任せください!

化粧品

フロアディスプレイとは

 紙製ディスプレイの王様的存在。紙製のディスプレイとしては最大級の大きさになるため、形状、陳列ともにダイナミックな展開が可能。展開販路、小売り チェーンによって規定サイズは異なるが、一般的にはW450×D450×H1500mm 程度の寸法が標準となっている。形状のタイプとして、・タワータイプ ・ボードタイプの2 種類が一般的
だが、フルサイズでの展開が難しい売り場もあるため、多くの場合半分にセパレートできる構造が採用される。
img000



お気軽に お問い合わせ/ご質問ください。
TEL:03-3814-6800 メールでのお問い合わせは
こちら

留意点:上下切り離しの必要性

img001ドラッグストアやバラエティショップにおいて、自立スペースを確保していない店舗も多く、「上下切り離し可能な形状」が必須条件となる。その場合、1500mm の高さを半分に分 ける必要が生じる。上下それぞれ750mm にする場合と、上700mm、下800mm にする場合があり、販路によって求められるサイズが異なるため、フレキシブルに対応できる構造であることがポイントとなる。

お気軽に お問い合わせ/ご質問ください。
TEL:03-3814-6800 メールでのお問い合わせは
こちら

留意点:梱包・組立て

梱包は小さければ小さいほど良いように思えるが、注意が必要である。というのも、梱包を小さくしようとすると、結果的に店舗での組み立てオペレーションが増えることとなるため。組立が少しでも生じる場合、組立説明書を同梱することが必須だ が、悲しいことに取説を見ながら組立が行われるケースは実際にはほとんどない。その背景を考慮し、取説を見なくても感覚的に組立てられる構造にすることが ポイント。女性アルバイターが一人で何も見ずに組立てられることを想定した構造が理想的。  
img002サイズが大きいため、設計段階から梱包サイズを考慮しておかないと、段ボール代、配送費に跳ね返ってしまう。また、自立で使用する場合は特に、強度の検証を念入りに行うことが必要。



お気軽に お問い合わせ/ご質問ください。
TEL:03-3814-6800 メールでのお問い合わせは
こちら

製作費について(ハード費その3・セット代):制作コラム

 今回は"セット代"についてお話しします。「セット」とは、「アセンブリ、ピッキング、組立」のことを差します。突然ですが、フロアディスプレイ、カウンターディスプレイ、ハンガーディスプレイのような「立体販促物」は、どうやって作られているかご存知ですか?
すべて、「人が作って」います。ご存知の方は「なにを当たり前のことを」と思われるでしょうが、たまに「え?機械で組立ててるんじゃないの?」と言われることがありますので、あえて強調させていただきました。
 パッケージの貼り加工、リーフレットの折り加工などは、ロットが多く形がほぼ決まっているので機械で行うことも多いようですが、毎回完全オリジナルの形で、なおかつロットの少ないフロアディスプレイ、カウンターディスプレイ、ハンガーディスプレイの制作は、すべて人の手作りで組立が行われています。
 かくいう私も、一時期爆発的に流行った食玩ノベルティの彩色はなぜか「機械でやってるんでしょ?」と思い込んでました。ロットが多い上、あまりにクオリティが高いものが多かったので、オマケでつけるノベルティを人が作っているとは思えなかったのです。
しかし実際は、ひとつひとつ、すべて人が色を塗っていたのです。分業化・効率化のノウハウは想像を絶するものがあると思いますが、そうは言っても人件費がかかります。多くのノベルティ制作は中国で行われることも後々知りました。
 しかし、フロアディスプレイのように大きく、ロットが少ないものを中国で組立てようと思うと、輸送費だけで予算を超えてしまいます。また、紙製什器は結果的にスケジュールが押してしまうことが多く(金型などに比べ調整できてしまうため)、外国に発注していると確実に納期が破綻します。

 ですので、フロアディスプレイなどの立体物の制作においては、「いかに組立を簡易化するか」ということが非常に重要となります。コスト感でいうと、例えばフロアディスプレイを500台制作する場合、印刷加工と組立代はだいたい1:1の割合になります。印刷費が100万円だとすると、組立代も100万円ぐらいかかります。
 いくら印刷を安く抑えても、組立が複雑になってしまうと、予算にまったくはまらなくなってしまうことも少なくありません。また、意外とバカにならないのが両面テープやポリ袋などの材料費です。印刷を安くするために面付けを行うと、必然的にパーツが増えてしまうことが多くなります。一枚の大きな紙を印刷するより、分割してコンパクトに収めた方が台数が減り、印刷代が下がるからです。
 しかし、パーツが増えるということは、その分、部品同士の接合作業が増えるということになります。一枚でつながっていれば折り曲げるだけでよかったものを、二つに分割してしまうと、その二つをつなげるために両面テープが必要になります。テープ代もさることながら、「両面テープを適切な長さにカットして貼る」という手作業が、意外とコストに跳ね返って来てしまいます。たとえば両面テープの貼り作業が1カ所あたり20円で、分割したことで貼り作業が4カ所必要になった場合、単価で80円増えてしまいます。1000個ディスプレイを制作する場合、それだけで+8万円のコスト増になります。このように、印刷代を抑えたつもりが逆にコストアップしてしまうこともあり得ますので、組立効率を考慮した構造にする必要があります。
 どうしてもパーツが分割されてしまう場合、それほど負荷がかかる場所でなければ両面テープ貼りではなく、差し込みパーツにすることでコストアップを抑えられます。しかしこれは、もう抜き終わっているパーツに対してはあとから加工できません。「設計」という一番はじめの段階から、組立て効率を意識した構造にしなければならないのです。

設計の重要性については以前にも述べさせていただきましたが、印刷代もさることながら、組立代も設計にかかっています。コスト、効率、組立てやすさを設計段階から意識しながら制作することで、納期的にも、コスト的にもスムーズに進行することが可能となります。

製作費について(ハード費その2・印刷代):制作コラム

 ディスプレイの印刷代についての話です。化粧品什器製作の際には、平もののチラシやパンフレット、ポスターに比べて、印刷サイズがかなり大きいです。ハンガーやカウンター什器は組立ててしまうとコンパクトになりますが、印刷は組立てる前に行うものです。折り鶴をほどいて行くと一枚の正方形の紙になるように、ディスプレイも平たく大きな紙を折り曲げて、接着してできています。
 この際、気をつけなければならないのは「紙の大きさ」と「印刷機の大きさ」です。化粧品什器制作では強度が必要なため、「板紙」という種類の厚紙が使用されます。多くの板紙は、下記の2種類の用紙サイズが用意されています。
1)K全判:940mm×640mm
2)L全判:1100mm×800mm
紙の種類によっては、菊全(939mm×636mm)もしくは四六全(1091mm×788mm)しかない場合もありますのでご注意ください。
印刷機も紙の大きさで用意されており、K全よりもL全の方が印刷代が高くなります。余談ですが、L全判機は通常のSPツールでは使用しないため、機械を持っていない印刷会社も多くあります。その場合は印刷会社自体も外部発注を行いますので、直接頼むより高くなります。L全のサイズを印刷する場合は、「そちらで機械をお持ちですか?」と確認した方がいいかもしれません。

 印刷代=枚数と認識している方が多くいらっしゃいますが、化粧品什器制作は通常の印刷に比べて極端に印刷数が少ないのがほとんどです。チラシやパンフレットなどは数万、数十万が当たり前ですが、化粧品什器は少ないと100以下、多くても5,000台を超えることは稀です。

 この場合、金額に多く関わってくるのは「使用する機械の台数」です。
極端な話ですが、100枚印刷するのと500枚印刷するのでは、最低ロット過ぎて総額はほとんど変わりません。しかし、K全1台で1,000枚印刷するのと、L全2台で100枚ずつ印刷するのでは、後者の方が倍以上の印刷代となります。
枚数が少なすぎて「枚数でのカウント」よりも、「機械占有の固定費」がほとんどになってしまうからです。

 とにかくコストを抑えたいときには、印刷サイズをなるべく小さくすることです。しかし、このことを知っている(当然印刷会社は知ってますが)デザイナー、広告営業は意外と少ないです。デザインを面付けしてみると、どうしても後少しでK全に入らない。POPパーツがはみ出してしまう。
 そんなとき、「このPOPパーツは別パーツではなく、カットアウトでいいか」とデザイナーに聞くと「どちらでもいい」と言われることが多くあります。彼らにとってはどうでも良い、小さいことかもしれませんが、それだけで数十万円のコストダウンにつながることも少なくありません。
多少ネタバレになってしまいますが、「デザインを少し変更してでも、サイズを小さくする」ことが、大幅なコストダウンにつながることもあるということ、覚えておいて損はないです。
 そして当たり前ですが、印刷会社からはその提案はほとんどありません。自ら売上を下げてしまいますから。
もし取引のある印刷会社の営業マンからその提案があったなら、顧客志向が非常に強い営業マンと言えます。

私ですか?私はそんなことをクライアントには聞きませんよ。
運営会社