化粧品・コスメのディスプレイ・什器制作のディスプレイファクトリー

【化粧品・コスメ専門】化粧品・コスメ什器制作のディスプレイファクトリー

化粧品・コスメのフロアディスプレイ・カウンターディスプレイ・
ハンガーディスプレイのデザイン・設計・制作なら、
化粧品・コスメ什器制作専門のディスプレイファクトリー。

化粧品・コスメのディスプレイなら、お任せください!

制作コラム

棚サイズについて:制作コラム

エンド・定番棚 エンド・定番什器
 今回はカウンターディスプレイの制作の際に、非常に重要な棚サイズについてお話しします。ドラッグストアやバラエティショップ、コンビニやスーパー、GMSやホームセンター、家電量販店などの販路において、非常によく用いられている棚が「エンド棚・定番棚」です。
エンド棚、定番棚というのは配置場所の話で、棚自体は同じものを利用することが一般的です。ここではまとめて「エンド棚」と呼ばせていただきます。
 フロア什器を制作する際には、だいたいの規定サイズはあるものの、実際は「床に置ければ良い」というケースが多く、そこまで厳密な規定サイズはありません。しかし、カウンター什器は違います。サイズを一つ間違えてしまうと、「棚に置けない」という最悪の事態が生じてしまうのです。棚に置けない場合、売場の判断でディスプレイは破棄され、商品が裸で陳列されるという非常に寂しい売場になってしまいます。
 まず横幅ですが、W600mmの什器とW900mmの什器が一般的です。「2尺什器」「3尺什器」と呼ばれることもあります。カウンターディスプレイを制作する際、W900の什器を作ることはまれです。そんなに大きなものを作っても、置けない什器も生じてしまい、売場で使いにくくなってしまいます。利便性を考慮し、W300〜450mmで制作することが多いです。W300であれば900の棚には3つ、600の棚には2つ陳列できるからです。次に奥行きです。こちらは売場によって使用する棚が異なるため、決まったサイズはありませんが、はみ出てしまうと置けず、かといって控えめに小さくしてしまうと、棚の奥に追いやられて商品が暗く、取りづらくなってしまいます。一番確実なのは展開が決定している売場の棚を調べ、平均を取ることですが、なかなかそう言った時間も取れないことが多いかと思います。一般的には、200〜250mmで設定すると無難です。売場が決定している場合は、もっとギリギリのサイズで攻めた方がより商品が手前に見え、訴求力が高まります。  そして高さ。棚の最上段に置ける場合は、上は天井ですからそれほど気にする必要はありません。最上段の場合は、H300mm〜400mm程度が一般的です。
要注意なのは2段目以降です。画像をみていただくと分かる通り、エンド棚にはサイドに引っ掛けるスリットがたくさんあり、棚を何段どれくらいの間隔で差すか、自由に決められます。そのため、2段目以下の棚の高さは、売場のさじ加減でまったく異なることになります。
一般的には200〜300mmぐらいの隙間がありますが、あまりギリギリにしてしまうと訴求が隠れ、商品も取りづらくなってしまいます。2段目以下の高さだけは、決め打ちがなかなかしづらいところです。背面ボードを取り外しできるようにすることが多いですが、外したときのディスプレイの高さをいくつにするか、非常に悩ましいところです。MAXで250mm程度までは行けると思いますが、200mm以下にすることが無難です。
エンド・定番棚 エンド・定番什器 失敗

設計の重要性:制作コラム

ディスプレイ什器を制作する際、気をつけなければならないこと平もののSPツールと異なり、山ほどあります。今回は、意外と表には見えにくいが、実は相当重要な「設計」についてお話しします。
 デザイン、形状が決まれば後は作るだけ、と思っている方は多いと思いますが、強度や組立てやすさ、量産しやすさを考慮しながらデザイン通りの設計を行うことは、実は至難の業です。
 強度を重視すればパーツ、加工が増えてコストが上がってしまい、デザインを重視しても組立が複雑になってしまいます。かといってコスト、組立を重視するとデザイン通りの形にならず、ただの「箱」になってしまう。
 また、SPツールの中でかなり大きな印刷を扱うため、「どういった展開図にするか」は印刷コストに直結します。意外と知られてませんが、什器で使用する一般的な紙の大きさは最大で1100mm×800mm(L全判)であり、それ以上の大きさは一度に印刷できません。そのため、多くのフロア什器は、上下2パーツに分かれます。
また、コピー機の要領で、「印刷は1枚いくら」と思っている方が多いですが、オフセット印刷はまず印刷機を1台動かすのに数十万円の固定費がかかります。極端な話ですが、1枚刷るのも、500枚刷るのも、固定費はほとんど変わらないため、枚数が少ないほど単価が高くなります。 
回りくどくなりましたが、大きな什器を印刷する際には、「1100×800mmの最大サイズの中にどれだけうまく詰め込めるか」で大幅にコストが変わります。
 例えば、設計がなんとかうまくまとまり、L全にすべてのパーツが入った場合と、どうしても少しだけはみ出してしまい、1100×1000mmになってしまった場合では、最大で2倍近くのコストの差が生じます。「たかが20cm」でも、1100×800mmを少しでもはみ出すと、印刷が二回に分かれるため、固定費はリセットされて2回分必要になるからです。

 このように、コストダウンにとても重要な展開サイズを決定するのは、すべて設計次第です。しかし、デザインと同じく、設計に正解などありません。同じデザインを設計するとしても、設計者が10人いれば展開図面は10通りできます。誰が設計しても同じ図面になることは、ほぼ皆無に等しい。
図面を簡易化すること、展開図を小さくすることはコスト決定の重要な事柄ですが、とは言えそればかりに注視してしまうと、デザインとイメージが違ったり、強度が足りなくなったりしてしまいます。

 重要なのは、「デザイナーは図面、組立を考慮し、設計はクリエイティブを考慮する」ということです。少し考えれば当たり前のことなのですが、意外とこれが分かっている制作会社は少ないです。しかし、お互いに自分の役割のみを考え、歩み寄らなければ本当にいいものはできません。ディスプレイファクトリーのスタッフは、お互いの役割を考慮した上で、最適な制作を行えるよう配慮しています。
エンド・定番棚 エンド・定番什器 失敗

デジタルサイネージ

店外・店頭・公共空間など、様々な場所に設置されてきているデジタルサイネージ。いまや、「広告」の枠にとどまらない広がりと勢いを見せております。
弊社では、店舗・売場を華やかにするデジタルサイネージ商品を、低価格でご提供させていただいております。お気軽にご相談ください。

a1790276電子POP型デジタルサイネージは、他のサイネージと比べて小型である分、
設置場所の制約が少なく、商品のすぐそばでコンテンツを表示することができます。
お客様の目線や動線を意識した設置が、簡易に可能になるのも大きな長所です。
また、音声やネットワーク通信など 小型でありながらも機能が充実しているカテゴリであり よりアテンションの高いコンテンツの表示や、時間帯/設置場所に合わせたコンテンツの切り分け配信などが大きなコストをかけることなく実現できるのも、大きな魅力です。

191adb89デジタルフォトフレームは、他のサイネージに比べて比較的安価で購入できます。
静止画はもちろん動画も再生できますので、店舗での使用用途面では他のサイネージに見劣りしない性能を持っています。
低予算でのデジタルサイネージ導入を検討されているお客様には、
デジタルフォトフレームがおススメです。


↓詳しくはこちら
signage

運営会社